化粧水のコットンパッティング

化粧水のコットンパッティング

洗顔後には、化粧水を付ける際にパッティングをしている方も多いと思います。

 

より、肌に化粧水を浸透させようと、パッティングをしっかりと行っている方も多いでしょう。

 

では、このパッティングについて、ご紹介しましょう。

 

パッティングを行う際には、コットンに化粧水などを浸し、ポンポンと行っている方が多いと思います。

 

実は、このパッティングの方法次第で、化粧水の浸透や、肌の状態が変わってくるんですよ。

 

中には、優しくパッティングをしているつもりでも、終わった後には「顔が赤くなっている」という方もいると思います。

 

こういった方の場合には、肌に刺激が加わっている状態となりますので、注意が必要。

 

このままの状態を続けると、赤ら顔の原因を作り出してしまいますよ。

 

また、コットンにたくさんの化粧水を浸し、パッティングを行っている方の中には、パッティング後には、コットンが毛羽立っているという方もいると思います。

 

こういった方も、肌に刺激が加わっていることになりますので、注意が必要。

 

パッティングを行う際には、叩くのではなく、化粧水などを押し込むようなイメージで行うことが大切となります。

 

手で行っている方もいると思いますが、手で行う際には清潔な状態で行うことが大切となります。

 

パッティングには、最後に手で押し込むようにすると、より化粧水などが浸透しやすくなりますよ。

 

このように、パッティングは間違った方法を行うことで、トラブル肌を招いてしまうことになりますので、十分注意をして、肌に負担のかけないパッティングを行う様にしましょう。