化粧品の医薬部外品(薬用)

化粧品の医薬部外品(薬用)

化粧品を購入する際には、「成分表示を、確認している」という方も多いと思います。

 

今では、どういったものが含まれているのか、気になる方も増えてきていると思います。

 

肌にとって、刺激となるものは、なるべく使わない方が良いですからね。

 

化粧品の成分などをチェックしていると、医薬品や医薬部外品などと書かれているものを見たいことがある方も多いと思います。

 

「医薬品と医薬部外品って、どう違うのだろう?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

 

では、医薬品、医薬部外品について、ご紹介しましょう。

 

これらは、日本の法律の元、決められていることになります。

 

医薬品と呼ばれているものは、効果や効能が認められているもの。

 

医薬品の場合には、医師の処方が必要となります。

 

それに対し、医薬部外品は、効能や効果については、予防の範囲にあたるものをいいます。

 

こちらは、医師による処方は必要ありません。

 

更に、化粧品の中には「薬用化粧品」と書かれているものもありますよね。

 

これらは、効能や効果が認められている成分が配合されているもののことを言います。

 

医薬品と比べると、効果は低くなってしまいますが、予防や症状改善などは期待出来るでしょう。

 

 

このように、同じ化粧品でも医薬品、医薬部外品、薬用化粧品などは、それぞれ内容が異なってきます。

 

これから、新しい化粧品を購入しようと考えている方は、その化粧品がどの種類に含まれるのかもチェックしてみると良いかもしれませんね。