生理周期に伴うホルモンバランスの変化でスキンケアも変化させる

生理周期に伴うホルモンバランスの変化でスキンケアも変化させる

女性の場合には、「生理前になると、ニキビが出来る」「肌の状態が、悪くなる」と感じている方も多いと思います。それは、ホルモンと肌が大きく関係しているためです。

 

今回は「お肌とホルモンの関係」について。

 

女性の場合には、生理周期がありますよね。

 

この生理周期は女性ホルモンによって行われていることになります。

 

そして、この女性ホルモンは、女性にとってはとても大きな働きをしています。

 

生理周期は、通常25日から38日前後となっています。

 

もちろん、個人差がありますので、一度自分の基礎体温を測り、生理周期を知っておくと良いです。この生理周期が分かれば、女性ホルモンの分泌されている変化を知ることが出来ます。それによって、その周期に合った最適なケアをしていくことが望まれます。

 

例えば、生理中には体温が下がりやすい時期となっています。

 

この時期は普段から体を温めることが大切。

 

そして、肌は水分が失われやすい時期となりますので、水分をたっぷりと補給することが重要となります。

 

卵胞期になると、エストロゲンが多く出る時期となります。

 

この時期には、保湿ケアやVCローションなどでのビタミンCでのスキンケアをしっかりと行うことで、肌荒れを防ぐことができます。

 

黄体期の場合には、イライラしやすい時期です。

 

海藻類や食物繊維などをしっかり取って、便秘対策をしておきましょう。

 

このように、肌とホルモンはスキンケアに大きく影響してきます。

 

生理のときにニキビが出来やすい場合には、ダマスクローズの香りがホルモンバランスを整えることが分かっていますので、ダマスクローズのアロマオイルなどを使ってリラックスするといったことも効果的です。

 

人によって最適なスキンケアというのは個人差があります。

 

自分の生理周期において、色々と使うスキンケアのアイテムを変えるなどしてみて肌の状態の変化を観察して、自分なりのスキンケア方法を確立できると肌トラブルを未然に防ぐことができます。

生理周期に伴うホルモンバランスの変化でスキンケアも変化させる関連ページ

季節の変わり目に出る肌荒れ等の肌トラブル対策
「何もしないスキンケア」が効果的な場合もある