化粧品の防腐剤の影響と防腐剤フリーのスキンケア

化粧品の防腐剤の影響と防腐剤フリーのスキンケア

みなさんは、普段使っている化粧品は、どのくらいの期間で使い切っていますか。

 

実は、化粧品にも使用期限があります。

 

これは、「知らなかった」という方も多いかもしれませんね。

 

開封後、期間が経っているものを使用してしまうことで、肌トラブルを招いてしまうこともあります。

 

特に、アイメイクなどの商品の場合には、目の病気などを引き起こしてしまう可能性もありますので、注意が必要となります。

 

化粧品は、日々品質が落ちているということは、頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

では、この品質を守るために含まれている、防腐剤について、ご紹介しましょう。

 

化粧品には、防腐剤が含まれているものが多くなります。

 

防腐剤が含まれている化粧品の場合には、パラベンと呼ばれている防腐剤などを使用している化粧品が多くなります。

 

また、無添加化粧品と表記されている場合には指定成分以外で抗菌・防腐効果のある成分が含まれていることでしょう。

 

フェノキシエタノールやパラベンは肌の刺激は少ないのですが肌に良いものというわけではありません。

 

パラベンなどは、歯磨き粉などにも入っている防腐剤となっていますが、知らない間に使用している方も多いでしょう。

 

「肌のことを考えると、出来れば防腐剤は入っていない物を選びたい」と考えている方も多いと思います。

 

そんな方は、無添加化粧品やオーガニック化粧品を選ぶ方が多いと思いますが、これらは防腐剤が入っていないことで、使用期限が短くなっています。

 

そのため、使用する際には期間に気をつけて使用することが必要となってきます。