美肌になりたいならこの美容成分は欠かせない

美肌になりたいならこの美容成分は欠かせない

私は以前、肌の状態がとても悪かったとき、「化粧品が合わないのかなぁ」と感じていました。

それで今まで色々なスキンケアを試しました。

美肌成分などもビタミンC誘導体やEGF、コラーゲンなど様々なものを試しました。

私と同じように化粧品ジプシーの道を辿っている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

正直、最初は美容成分もどう違うのか分からないことも多かったですが、○○美肌成分配合という文字に踊らされてスキンケアを買ってしまう人は多いでしょう。

お肌にはどういった栄養素・美容成分が必要なのでしょうか?

まず、お肌にとって欠かせない基本的な美容成分としてビタミンCやコラーゲン・ヒアルロン酸(保湿成分)があります。

これらの美容成分をスキンケアで補っていくことでお肌の保湿はもちろん、ターンオーバーの正常化、皮脂分泌のコントロール、肌バリア機能が高まるなどの効果があります。

化粧品は角質層の中に入っていかない?

化粧品は基本的にはどんなに高価な化粧品であっても角質層よりもさらに中の方(真皮層)までは入っていかないとされています。

しかし学研から出ているムック本「目からウロコのスキンケアテクが満載! すぐわかる!今日からできる! 美肌スキンケア」によれば、最近の研究では分子が小さく、濃度が高ければ原理上真皮層まで美容成分は入るらしいです。

※薬事法的に化粧品の成分は真皮層まで入っていると表記できないらしいですが・・・。

なので、ナノ化などの低分子化技術を使ったり、ビーグレンのようにQuSomeという浸透技術を使っている基礎化粧品の美容成分はちゃんとお肌に入っていくと考えてよさそうです。

コラーゲン生成を助ける成分

お肌のハリ、弾力というのはお肌のコラーゲンの量によって高まるものです。

よってコラーゲンを肌内部で生成を助けるような美容成分を使うとハリや弾力が出ます。

コラーゲン生成に必要なのがビタミンCです。

化粧品に配合される場合には、ビタミンC誘導体という本来水溶性成分であるビタミンCが皮脂などで守られたバリア層を通過できるように脂溶性の成分に変化させて配合されている場合が多いです。

ただ効果の面でいうと誘導体よりもピュアビタミンCの方が高いこともあり、ビーグレンのようにQuSomeという特許技術によって水溶性ビタミンCを皮脂と同じ性質の成分でカプセル化することによって浸透させるというアプローチをとっているスキンケアもあります。

ちなみにビーグレンは私も使っていて超いいです♪
他人にもおすすめできる数少ないスキンケアです。

ビタミンCには他にもメラニン生成を阻害する美白力や、過剰な皮脂分泌を抑える力、開いた毛穴を引き締める効果など様々な効果があり、お肌の万能薬とも呼ばれている重要な美肌成分です。

他にも、色々な美容成分がありますが、ひとまず誰に対しても効果的といえる成分はビタミンCを超えるものはありません。

ニキビ、ニキビ痕、しみ・くすみ、シワ、毛穴、これらどの悩みに対してもビタミンCは効果的なので、まずはお肌トラブル対策としてビタミンCが高濃度で配合されて浸透性の高いものを選ばれるとよいですよ。

次の記事: お肌のターンオーバーを促進して正常化する美容成分

美肌になりたいならこの美容成分は欠かせない関連ページ

お肌のターンオーバーを促進して正常化する美容成分
おすすめの美肌成分